FORCE2020の発表募集

Printer-friendly version

2020年10月19~21日にスペインのドノスティア=サン・セバスティアンで国際会議「FORCE2020」が開催されます。

今年のテーマである「Thinking/Acting: The Global and the Local(考える/行動する:グローバルとローカル)」に沿った口頭発表、ライトニングトーク、ポスター発表、デモ、パネルディスカッション、ラウンドテーブル会議、ワークショップを募集します(投稿フォーム)。

FORCE11の定期会合では、学術コミュニケーションのエコシステムに関わる多様なステークホルダが、対等な立場でオープンな議論を行います。科学や学術情報のコミュニケーション、共有、利活用を進展させていくためのコラボレーションやクロストレーニングについて、議論を展開します。研究者、出版社、図書館員、コンピュータ科学者、インフォマティシャン、研究助成機関、教育者、生徒、市民等の方々が参加し、新しいアイディアの実現や協業の可能性について検討します。

Thinking/Acting: The Global and the Local(考える/行動する:グローバルとローカル)」

ローカルな知識獲得とグローバルな基準、ローカルな学術コミュニティとグローバルな知識生産・評価・普及システムなどの間の緊張関係について、学術的なメスを入れるべき時期に入っています。近年、組織(ローカル、コンソーシアム、学術機関、国家)ごとの文脈で活動する場合も、グローバルとローカルの間の相互接続や相互依存があることを踏まえ、活動がもたらすより広範な影響も考慮する必要があるようになっています。

参加者が、近くに住んでいようが遠く離れた場所にいようと、お互いから学ぶ機会があるよう、FORCE2020事務局は口頭発表、トークセッション、パネルディスカッション、ポスター発表、アクティビティ、そして「研究コミュニケーションにおいて、グローバルに考えローカルに活動する(逆も然り)アイディアに関する議論」を募集します。以下のようなトピックがあり得ますが、これに限定する必要はありません。

  • 国際的な活動をローカルな活動へ変換
  • 未来の学術コミュニケーションを形作るポリシーや原則
  • ローカルな協業事例から学ぶ
  • 研究エコシステムにおける(不)公平性
  • ローカルな需要vs.グローバルな利益
  • ローカル及びグローバルなシステムやインフラ
  • 学術コミュニケーションにおける多様性、公平性、一体感
  • 知識習得と知識創出のローカルシステムをグローバルな変化に繋げる
  • 「グローカライゼーション」―さらに特異的かつ普遍的な研究コミュニケーション
  • AI(及び人間の知能)に内在するバイアスと、それらのローカル、少数派、周辺集団に対する影響
  • 研究・学術コミュニケーションにおけるローカルとグローバルのギャップを埋めることの障害
  • グローバルな行動がローカルな考え方や行動に影響を及ぼし、それがグローバルな考え方に影響を及ぼす

FORCE2020プログラム

事務局では以下のような提案を募集します(投稿フォーム)。

  • 短時間の発表(最長5分)もしくはPechaKucha(6分40秒。参考
  • 個人の発表(最長20分)
  • パネルディスカッション及びラウンドテーブル会議(90分まで)
  • ワークショップ(全日または半日)※ワークショップは10月19日のみ
  • ハッカソン(全日または半日)※組織的なハッカソンは10月19日のみ
  • ポスター発表(ポスターセッション及びランチセッションの時間に開催)

 

個別の発表よりも、会場とのインタラクティブなセッションを優先します。以下のようなフォーマットなどもご検討ください: World Café参考)、ディベート、シナリオ構築、ランドスケープマッピング、ワークフロー構築、一覧表作成 / 優先順位付け、即興トークの場の提供、ステークホルダのロールプレイ、反転セッションなど。創造的な提案を歓迎します。

実行委員会は、多様な意見や立場が反映される、パネルディスカッションやラウンドテーブル会議を推奨しています。

多くの方に参加いただき、多様な声を得るために、2020年夏にLate-breaking short presentationsを募集し、アンカンファレンスを会議開催期間中に行う予定です。このために専用の時間とスペースを確保します。

また、FORCE2020は、イベントを同時期に共同開催いただける機関を募集しています。詳しくはinfo-force-conference@force11.orgまでお問い合わせ下さい。

なお、この提案募集は日本語ですが、本会議は英語で開催されます。

発表提案も英語にてお送りください。

発表の提案について

発表について提案する場合はこちらのフォーム から投稿してください(締切:2020年4月20日)

行動指針

FORCE11の行動指針はこちらからご覧ください。

サン・セバスティアンについてはこちらの動画もご覧ください。

https://youtu.be/QJUCkkuMdA8

 

ポストカードのPDF

https://www.force11.org/sites/default/files/postcard-sebastian_force_202...

翻訳者:大波純一
Translated by Jun-ichi Onami